鏡を見てニキビを気にする女性
大人ニキビって何?という人も少なくないでしょう。

大人ニキビとは思春期を過ぎてから出てくるニキビを言います。

発症の原因には一人ひとり個性があり、傾向と対策にも個人差があります。

人々の生活スタイルは十人十色あるように、発症原因も千差万別です。
朝早く起きて決まった時間に朝食をとる人もいれば、起床時間も不規則で朝食をとらない人もいます。

一日の食事バランスや睡眠時間も、大きくお肌に影響を与えるのです。
その他にも、メンタル的なストレスも普段使用している化粧品なども原因と考えられます。

このように原因を絞り込めないのも大人ニキビの大きな特徴と言えます。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

次に思春期にできるニキビと大人ニキビの違いに注目していきましょう。

まず思春期にできるニキビは、成長過程に分泌される皮脂が過剰になる事で毛穴の詰まりが原因といわれています。

毛穴の詰まりはアクネ菌の増殖を促す事でニキビができやすくなります

一方、大人ニキビの場合は冒頭でもお話ししたように原因が絞り込めないことから対策も困難です。

大人ニキビは、顎から耳にかけフェイスラインと首筋周辺にかけて出てくると言われています。

フェイスラインのニキビを見つけたら大人ニキビのサインかもしれません。

大人ニキビの自己解決にはまず、生活習慣を朝起きてから夜就寝するまでを見直してみてはいかがでしょうか?
健全な食事をとり、十分な睡眠時間とストレスのない生活習慣を心がける事が対策と言えるでしょう。

赤身のある大人ニキビは危険?改善させるのための方法

フェイスタオルを持った笑顔の女性
大人ニキビの中でも赤ニキビは凄く辛い。
すでに経験がある人もいるでしょうか。

白ニキビや黒ニキビとは違って、ヒリヒリと痛くて炎症を起こします。

その他ニキビ違って非常に見栄えも悪く見えるのが特徴です。

特に思春期に出るニキビとは違い、大人ニキビは肌の活性状態も違う為、治癒力に関しても治りづらい事です。

では、赤ニキビはどのような状態なのでしょうか。

白ニキビは汚れなどで毛穴が詰まった状態ですが、赤ニキビは詰まった先でアクネ菌が繁殖をしているのです。

アクネ菌は繁殖を繰り返すと、炎症を起こし赤くはれ上がって酷いものになると血が出たりもします。

とはいえ、アクネ菌は悪い事ばかりではありません。
ある程度お肌に必要なもので、細菌などウィルスから守る役割があります。

一概に悪いものと決めつけられないのも、一つの短所でもあり長所でもありますね。
アクネ菌は増やしすぎず悪化させすぎずという点が難しいところとなります。

改善を目指すために、コレだけはしておきましょう。

痒みや見た目は気になってしまいますが、ベタベタと手で触ると菌が付着して増殖してしまします。
洗顔料などの洗顔で過剰にゴシゴシするのも、アクネ菌の死滅に繋がってしまい抗体を失いますので気をつけましょう。

泡の弾力を利用して優しく洗顔するだけでも改善へと進むでしょう。

どのニキビにも共通していますが、不健全な食生活や寝不足などのストレスは控えたいところですね。
清潔にお肌を保ち、改善に有利な環境を与えてあげる事が私たちにできる最良の手段と言えます。

あごにできる大人ニキビの原因と対策、予防方法について

口元にニキビができた女性
あなたは大人ニキビでも、あごにできる症状に悩まされた事はありますか?

あごニキビに悩まされている人も、少なくはありません。

あごにできるニキビは他の箇所にできるニキビよりも症状が少し異なります。
なかなか治りづらく、症状が重いケースが良く見られます。

そんなあごにできる大人ニキビ対策に注目してみましょう。

あごニキビは色々な理由から発症されるといわれています。
CMでもよく聞きますね。

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の定期的なバランスが崩れてしまうと肌が荒れやすくなります。

不規則な生活習慣が続き、寝不足などでターンオーバーのリズムも崩れてしまいます。

上記を踏まえ、同時に皮脂の乾燥や心身共にストレスは避けられません。

皮脂へのダメージは内部的なストレスだけではなく、擦りすぎや洗いすぎたりするのもよくありません。

皮脂の過剰な取りすぎは、肌が勝手に危険信号と見なし過剰分泌させてしまうこともあります。
過剰なダメージにより抗体を失ってしまった肌は、少々の刺激でも傷のついた肌から炎症を起こします。

あごニキビにはリスクが多く潜んでいると感じられた人も多い事でしょう。

対策を立てておくことで、未然に防ぐ事を心掛けておきましょう。
あごニキビを予防、悪化をさせないためのひと手間は必需と言えます。

お肌の過剰なダメージを与えないため、泡の力だけで優しく洗顔をするだけでも全然違います。

肌の汚れを落としたらしっかりと保湿を行い、お肌を乾燥から守りましょう。

最後に食生活でバランスの取れた栄養を摂取してお肌の健康を保っていただければベストですね。