猫の鼻のアップ
大人ニキビの芯は自分で取って良いのか。

大人ニキビができてしまい、芯を取ろうか止めようか、と考えたことはありますか?
心当たりのある人もいる事でしょう

大人ニキビの芯を絞り出した方がイイのか。
ニキビ跡を残さないための対処法などご紹介します。

ニキビの芯って搾り取ってイイの?

ニキビの芯は適切に取り除けるのであれば、行っても良いでしょう。

しかし、ピンセットを使い無理やり取り出そうとしたり、肌を痛めつけるような方法はオススメできません。
誤った方法で行った場合、皮膚の色素沈着やニキビ跡を残してしまう結果となってしまいます。

知識や技術に自信のない人は、まず医療機関での芯出し圧出を利用が一番の改善策です。

もし、どうしても除去したいと思う人は正しい情報と技術でおこなっていきましょう。
まず取り出せそうなニキビと、そうでないニキビを知ることです。

白くなり突起しているニキビは対象となりますが、赤く鼻の角栓のようなものは芯を出すべきではありません。

角栓とは皮膚の剥がれた角質が、毛穴を塞いで固まったものです。
角栓をむやみに出そうとすると、皮膚を傷つけてしまい結果的に悪化を招くことにもなり兼ねません。

肌を温めて柔らかくする

理想なのはお風呂上りで、皮膚が柔らかく火照っている状態が好ましいと言えます。

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という道具を用いることをオススメします。
指の爪などで押し出すと皮膚に過剰な傷を負いかねませんので、注意してください。

芯を取り出した後は、皮膚に穴がポツッと穴が空いた状態になるため、とても雑菌が入りやすい状態になります。

ばい菌が入り込まないように、除去後に素手で触らないよう清潔にお肌を保ちましょう。

市販で肌のばい菌を殺菌できる商品も販売しているので、薬局などでチェックしてみるのも良いでしょう。

大人ニキビからニキビ跡を作らないためのポイントについて

問題なのは、症状が出てきてからどのような処置をしたかが重要となってきます。

指先で強引に潰してしまったり、無理矢理絞り出してしまったりなど。
このようなやり方では色素沈着を引き起こす原因となったり、クレーターのように表面がボコボコになってしまう恐れがあります。

もちろん道具を使って除去したからと言って、跡が残らないというわけでもありません。

適切な処置とその後のケアがきちんと行われて、やっと適正な処置といえます。

大人ニキビの種類を確認しましょう。

まず、大人ニキビを発見したらニキビの種類を確認しておきましょう。
ニキビ自体は自然と治るもので、時間をかけて消えるのを待つことが跡を残さないための得策と言えるでしょう。

赤ニキビのようなまだ白くなっていないものは、塗り薬で徐々に炎症を抑える必要があります。
赤ニキビのようにアクネ菌の増えすぎによるものは、食生活や過剰なお肌のダメージが原因です。

悪化する前に事前の生活環境を見直すことも跡を残さないための予防になります。

大人ニキビの種類についてはこちらで
大人ニキビを一日で対処して目立たなくすることは可能なのか?

無理せず対処しよう

白くなって突起したものは、除去という手段もあります。

しかし冒頭でもお話した通りですが、自然と治るものなので自然治癒に任せるのが一番と言えます。

女性の場合は日々のお化粧も隣り合わせなので、なかなか時間をかけてとはならない人もいます。
そのような時は、医療機関での処置をオススメします。

自力での作業だとお肌への傷や、ばい菌の付着などのリスクが生まれてきます。

医療機関の専門家の処置であれば、ほぼリスクを負わず健全にお肌の質を保てることでしょう。